飛5号受信機 の心臓 Ut6F7

§3 Ut6F7真空管について

飛5受信機は3極5極のUt6F7で全ての真空管が構成されています。
Ut6F7は、RCAより1933年に発売されています。
(JA1AYZ有坂英雄氏・真空管談義より)
今回参照の規格表は私の手元にあるRCA-RC13,1937年版です。
なお、Ut6F7の日本での生産開始時期は資料が無く不明ですが、以下の推測をしています

JA1AYZさんの本の中にも1934年(昭和9年)にUt6A7・Ut6B7はあるのですが、Ut6F7だけが見当たらないのです。
しかし、1938年(昭和13年)にメタル管のUS6F7Aが発表されていますので、その時にはすでにあったのではないかと考えられます。
JA1FC(藤室さん)の真空管半代記東京文献センターによりますと、6C6・6D6と同じ時に価格表に載っていた様子ですので1935年(昭和10年)頃には日本で生産していたと考えられます。
Ut6F7の用途はRCAの規格表にもあるように、周波数変換を主な用途として設計されたと考えられます
しかし、米国でも家庭用のラジオへの使用は少なかったと思います。

なお、Utとは日本独特の呼び名で米国ではスモール7ピンと言います。名称は6F7です。
RCAの1937年の真空管規格表RC-13のリンクを入れておきますので、参照して下さい。
このgmの低い真空管でもコイルのQによって10MHzくらいまでは十分実用になったと考えています
米国では自動車用(シボレー)のカーラジオで使用例があり、5極部は高周波増幅、3極部は低周波増幅になっておりました。
IFTが175KHzですので、かなり古いタイプと思わります。
RCAでもIFと検波に使っていた4球の台所用ラジオの回路がありました。
しかし使用例はほんのわずかで、米国においては周波数変換には専用管 6A7や6A8・6L7 などを使った例が殆どを占めています。
ARRLのハンドブック1936年版に進歩した2球受信機(6F7+41)の製作が発表されています。

6F7はコリンズのKWM2に使っているような6AZ8などとは違い、カソードが共通です。
我々の世代ですと6AV6や6ZDH3Aなどと構造が同じです。
高周波増幅は2段です。当時の米国受信機もBC-342BC-348BC779HRO等々ほとんどの受信機は高周波2段増幅の構成となっています
各周波数での感度特性は下記資料をご参照下さい。

09_飛五号受信機_3500KHzA3受信時の感度特性データ

<3.5MHzでの感度実測データ>

10_飛五号受信機_4600KHzA3受信時の感度特性データ

<4.6MHzでの感度実測データ>

11_飛五号受信機_7100KHzA3受信時の感度特性データ

<7.1MHzでの感度実測データ>

12_飛五号受信機_9600KHzA3受信時の感度特性データ

<9.8MHzでの感度実測データ>

続く…

投稿者:

JA0BZC

私は真空管が好きで、送信機や受信機を何十台か趣味として製作して楽しんできました。 ‘JA0BZC Amateur Radio Homebrew with vacuum tubes‘ と題して、制作内容をインタネットで公開しています URLは下記となりますので、是非アクセスして見て下さい http://mamegoro6.jalbum.net/ja0bzc/ 真空管を使った製作と言えば、オーディオと思われがちですが、オーティオは受信機のほんの一部です。真空管本来の使い方をしてアマチュア無線を楽しみませんか!

One thought on “飛5号受信機 の心臓 Ut6F7”

  1. JAφBZC OM、大変お世話になっております。手紙をお送り頂きまして大変ありがとうございました。飛5号とは実に素晴らしい遺産です。これに6F7がこれ程使われていたとは知りませんでした。アメリカでも格安で売られていて、周波数変換に使えるだろうと考えてはいましたが、実際に動作させたことはないので、非常に興味を持って拝見しています。CQ誌は買っていないので、アマゾンの中古を探してみようと思います。
    6C5のTRFラジオも素晴らしいですね。大昔のニュートロダインは高周波増幅2段、グリッド検波、低周波増幅2段という5球式だったようですが、6C5ラジオは高三、2極管検波、AF2段と豪華版で驚いています。音質は相当FBではないかと思っています。
    807A A3送信機はとても良く聞こえていました。ハイシング変調とは思えない、深い、FBな音質の変調でした。807Aはライフも短かったようで、現存しているものは非常に貴重と思います。こちらは昔ながらの高一中二でしたが、807シングル送信機と組み合わせていたら、完全に交信していただけたと思います。
    QEXは当地では入手難ですので、これも後ほどアマゾンから入手しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です