直読型周波数カウンタの制作 調査編2

仕様を決めるときは、要求仕様の検討が大切である

完成時の搭載機能を検討しないままで設計に入ると挫折するケースが多くなる、特にファームウェアについてはその可能性が高いのである (自分の経験的に..)

今回の仕様への要求は、平たく言うと自分が使用している、Drake R-4AYAESU FT-101Eの運用周波数がそれなりの精度と速度で直読出来れば良いのである

早い話が、YC-601BFR4を足して2で割った仕様である…

 

けれど、その要求分解を分解すると、様々なポイントが抽出される

一旦、出来上がったイメージを色々とフリーハンドで書いてみた

IMGP5669

(とても汚い字で申し訳無いのである..)
今回自作する、直読周波数カウンタの要求仕様の概要は以下の通りであった

a.部品点数が出来るだけ少なくする (実現性とコスト)
b.周波数カウンタとしてそれなりの精度があること
c.オフセット周波数をバンドメモリーとして複数登録出来て簡単に呼び出し出来ること (YC-601Bでのバンド切替のイメージ)
d.R-4Aのプリミックス端子(INJ端子)やFT-101のVFO出力の周波数をプラグインで計測出来ること
e.測定周波数の範囲は、100KHz~40MHzであること (Drake R-4Aで使用するため)
f.VFO操作の追従性を確保するため、ゲートタイムは0.1秒で測定結果の表示を含めたサイクルタイムは0.11秒以下であること (VFOを回した時に追従感が狂うと使う気になれない)
g. 周波数測定方法は、直接計測法としレシプトリカル方等の複雑な計測はしない、計測粒度はゲートタイム0.1秒時に10Hz単位とする
h.単体の周波数カウンタとしても使用するため、ゲートタイムは1秒と0.1秒の切替とする

まぁ ざっとこんな所であろうか

これが実現出来れば、何とYC-601BER4を同時に入手したことと同等の価値である、この後の制作にも力が入っているのであった

仕様検討編に続く

投稿者:

miniDATA

その昔PCのBIOS・デバイスドライバ等の開発と機器のファームウェア開発に従事した元技術者(主にアセンブラ)  なぜか、昔のモノが大好きで昭和時代のクルマやバイクに惹かれてしまい懐古趣味全開になりつつある自分が、怖いと感じている 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です