MPLABXでのPICKIT3書き込み電圧の設定

MPLABXとPICKIT3を使って、チップにプログラムを書き込むする時に必要な設定である。

PICKIT3ISCPを使ってプログラムを書き込む

その際に書き込むPICへの電圧は、ターゲット基板から供給されることが、デフォルトでの設定値となっている

変換アダプタを使った場合は電源供給が無いため、書き込み電圧をPICKIT3から供給する様に、設定しないと書き込みが出来ない

そのための設定は以下の通りである

1.FILE-Project Propertiesを選択する (以下のイメージ)

mplabx_1

2.左の項目でPICKIT3を選択し、右のOption categories:でPowerを選択 (以下のイメージ)

mplabx_2

3.Power taget circit form PICkit3のボタンを選択し、OKを押す (以下のイメージ)

mplabx_3

これらの設定で、PICKIT3と変換アダプタの組み合わせで、書き込みが出来る様になる

これは、ターゲット基板の電圧でPICKIT3を壊さないためのプロテクトであるが、この設定を行うために、結構な時間を消費したのも事実ではある

 

 

投稿者:

miniDATA

その昔PCのBIOS・デバイスドライバ等の開発と機器のファームウェア開発に従事した元技術者(主にアセンブラ)  なぜか、昔のモノが大好きで昭和時代のクルマやバイクに惹かれてしまい懐古趣味全開になりつつある自分が、怖いと感じている 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です