FT-817NDを2年ほど使った感想

我が家ではとても珍しい新品購入機である
この機械は2年半ほど前に購入し、運用頻度は散発的であるが感想を書いてみたい

購入動機は単純で、5Wながら1.8MHz~430MHzまで一台で遊べるからであった
そして出張時に、密かにバッグに入れて出張先で遊べたらと言う下心もあったのである
出張時の密かな妄想は、出張時は夜まで色々と予定が入ってしまうことと、アンテナ等々の荷物を持ち運ぶのは中々厳しいので、結局叶っていない

まずは全体の操作感であるが、ツマミと押しボタン全体が小さいので、操作は固定機同様ではない
また、表示が小さいのでモービル専用機としても厳しいかも知れない(視力が良い人は別である)
機能自体は現代機であるので豊富である
そのアクセスが、ボタンとサブダイアルの組合せが多いので、暫く使っていないと忘れる事が多い
特に、リアのMコネクタとフロントのBNCの切替えは、私の場合結構使うので、この点が面倒ではある

IMGP6300

<FT-817ND 430MHz動作>

内蔵電池であるが、ニッケル水素の電池パック1400mAが付属している
この電池の充電についても、メニーでボタンとサブダイアルの操作が必要となる
単3×8本での乾電池の使用も出来るが、私みたいに偶にしか使用しない人は運用後、電池パックを外して置くのが良いと思う
内蔵電池での運用は以外と直ぐに電池切れとなるので予備電池の持参が必要と思う

13.8Vの電源で5Wの出力となる、私は後面のDCジャックにシガープラグを接続して使用している
電流は430MHzFM 5Wで2A程度である

モービル専用機としては、表示が小さいため少し厳しいかも知れない
しかし、一時的なクルマでの運用は手軽で快適である (停車時運用)
出来れば、小さめなマイクだと更によかったかも知れない、またスピーカマイクの方が便利そうである
電流量も少ないのでシガープラグでも十分に使えるし、モービルアンテナに繋げれば十分に実用になる
但し、HF帯のローバンド特に3.5MHz帯で5W+モービルアンテナでは苦しいと思う

固定運用では、全体がコンパクトであるので各ボタンとノブの間隔狭いが、慣れれば問題ない
音質は少し固めの音であり了解度は良い
出力が5Wなのは仕方ないがフルサイズのアンテナが使える環境だと、思いの外飛ぶのでびっくりである
やっぱり、ロケーションとアンテナの力は大きい

FT-817NDは使ってみると、コンパクトな筐体での可搬性が一番大きなメリットではないだろうか
U/Vでの5Wは以外と使えるし、アンテナが良ければHF帯でも遊べる
アイディア次第で色々と楽しめる機械だと思う

私は普段はダミーロードを付けて、簡易の信号発生器と送信モニタ機として使うことが多い

IMGP6298

<ダミーロード付き FT817NDは色々と便利>

投稿者:

miniDATA

その昔PCのBIOS・デバイスドライバ等の開発と機器のファームウェア開発に従事した元技術者(主にアセンブラ)  なぜか、昔のモノが大好きで昭和時代のクルマやバイクに惹かれてしまい懐古趣味全開になりつつある自分が、怖いと感じている 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です