FT-101E C11(200pF マイカコンデンサ交換)

前回ダウンしたFT-101Eである。
秋葉原で該当の部品を探してみた、200pF 1KV耐圧のマイカコンデンサなのであったが、同一の部品は中々見当たらないのであった
200pFのマイカ・コンデンサはあるのだが、500V耐圧だったりするのであった
偶々、180pF 1KVと15pF 1KVのマイカコンデンサがあったので、それらを並列使用してみることした

IMGP6559

<今回購入した 180pF 1KVと15pF 1KVのマイカコンデンサ>

並列で測ってみると当然195pFである、

並列接続した合成容量195pFマイカ・コンデンサを、FT-101Eに取付けてみた
これが、シャシの奥とバンド切替のロータリースイッチの間にあるので、作業性がすこぶる悪いのであった
そこはメゲずに、何とか取付けてみた

IMG_4645

<C11を交換中 トリマーデッキの裏の、バンド切替SWの奥に鎮座>

取付けて、12BY7Aソケットのプレート端子とシャシ間の抵抗を測ってみる
ざっくり11KΩで、ショート状態で無いことを確認した
次に、12BY7Aと6JS6Cを外した状態で電源を投入してみた
すかさず、R40の発熱が無いことを確認する、当然これもOKである

この状態で受信をしてみる、12BY7Aを抜いた状態なので、PRESELECTの位置が当然異なっているが、受信は出来ることを確認した
取り敢えず一安心である

IMGP6563

<12BY7Aと6JS6C 頑張ってまたまだ働いて欲しい真空管である>

コーヒーで一段落した所で、12BY7Aと6JS6Cを取り付ける
FT-101Eの調整の基本バンドは29MHzである、私のFT-101Eは10Cと10Dの水晶は入っていないので、10Bの28.5MHz~29MHzで確認と調整を行った
28.5MHzに合わせてから、改めて、電源を投入してSGから40dBμVをSGから入力してみる
PRESELECTの位置が微妙に異なっているが、とりあえずは正常に受信していることを確認する
次に、アンテナ端子をダミーロードに繋いでから、HEATERスイッチを投入してみる

真空管が徐々に光ってくるのであるが、異音などしていないかを確認する
また、R40の発熱が無いことをここでも確認するのであった
ここでは特に問題が無いのであった 一安心である…

今回はC11を交換したので、トラッキング調整については全てやり直しとなる
従って、28.5MHzからトラッキング調整を開始したのであった

受信最大値の位置にPRESELECTをセットし、TUNEモードでMOXスイッチを入れてみる
とりあえずは、28.5MHzで90Wの出力が確認出来たので、C11の交換は修理は終了である

IMGP6568

<とりあえず復帰 28.5Mhzで約90W… 良かったです>

が…
6JS6CのIC電流が200mAまで上がる、PRESELECTの位置を探ってみる
PRESELECTの位置は、受信最大の位置とIC電流の最大の位置が結構ズレでいる
トリマデッキの28MHzを調整してみるが調整の範囲外であった…

C11の5pFの差分であろうか、それとも経年変化であろうか
何れにしても、T-102の調整が必要みたいである…
今までは、禁断の領域として触らなかった、いわゆる’ギロチン’と呼ばれる3連のμ同調ユニットの調整が必要そうである

 

FT-101Eがダウン

私のメイン送信機である、FT-101Eがダウンしたのであった
それは、電波を出すべく、チューニング中の出来事なのであった
普段通り、アンテナ端子をダミーロードと接続し、IPを200mAにてPLATEのディップ点を探っていたのであったが、いきなりIPがアイドルまで落ちたのであった
そして、あろうことか、焦げ臭い異臭がしてきたのであった…

直ぐに電源を落としたのは、当然である
暫く時間を置いて、受信状態かつHEATERスイッチを切って、電源を投入してみたが直ぐに異臭がするのであった

IMGP6552

<トレース中のFT-101E>

何か、やらかしたかしら…と、ラックからFT-101Eを取り出してケースを外して、一旦12BY7Aと6JS6Cを取り外した状態で再度確認してみる
ドライバの12BY7Aにプレート電圧を供給している、R40(1.5KΩ/5W)が異常に発熱していることが分かった

真空管は取り外してあるので、真空管以外の12BY7Aのプレートに接続している回路のでショートが発生しているようである
R40から先に接続される部分を追ってみたのであった
いろいろと切り離してチェックをしてみる
原因は、C11の200pF/1KVのキャラメル型マイカコンデンサのショートを探したのであった
(経験深い方は瞬時に判断出来ると思います、素人の私は数時間も費やしてしまいましたが…)

IMGP6553

<赤丸部分が、該当のキャラメル型マイカコンデンサ>

IMGP6546

<シャシの奥の奥にあるので、アクセスが大変>

IMGP6547

<取り外した、マイカコンデンサ 200pF,1KV>

IMGP6550

<単体で測ってみると、直流抵抗 約1Ωでショート状態>

手持ちに1KV耐圧のコンデンサーが無いので、耐圧と温度特性がマイカコンデンサと同等な代替え品を探してみたい
(同じ部品が簡単に入手出来れば良いのですが…)

今考えると、送信時のPRESELECTの同調点がバラつく感じがしていた感はある
正常であればバンド毎のPRESELECTの同調点は、ほぼ同一であるが、チューニング毎に微妙に位置が変化していた感じがする
40年前の機械なので、経年劣化もあるのであろう

部品が入手出来たところで、修理をしてみたい

AH-4で1.9MHzにチャレンジしてみる その2

先日はコイル長80mm・40mmΦ・40Tタイトボビンに1.9MHz用のローディングコイルを作ってみた
AH-4 + 17mのロングワイアーなのだが、拾って頂いた局は一局だけであった (泣)
これも、相手局のアンテナの良さで拾ってもらったのであろう

今回は、偶々その辺に転がっていた、カーボニール・コアのT-200#6に再度ローディングコイルを巻いてみた (本来ではあれば1.9MHz用であれば赤色の#2材青色の#1材のトロイダル・コアが適材と思います *但し#1材は3MHzまで)

IMGP6533

<文字通り転がっていた、T200#6>

空芯コイルとコア入りコイルの差を試したいだけである
取り敢えず、手持ちの線で45Tを巻いてみた

IMGP6536

<とりあえず、T200#6に45T巻いてみた>

IMGP6538

<インダクタンスを測ると、約21μHであった>

前回の空芯コイルより、若干インダクタンスが低いのであるが、AH-4に取付けてチューニングを取ってみた
1.905MHzで問題なくチューニングが取れた、前回の空芯コイルの場合は1.907付近がチューニングの下限であったので、少しチューニング範囲は拡がった
当然のことながら1.8MHzでのチューニングは不可であった

IMGP6535

<トロイダル・コアで巻いたローディングコイルのテスト>

実験なので、前回の空芯コイルと今回のトロイダルコア・コイルを組合せて、チューニングの実験をしてみた
1.8MHzでもチューニングは問題ない、但し本当に飛ぶかはは不明である
とても、このコーディング・コイルとアンテナで1.8MHzに出れる気はしないが、取り敢えずはチューニングが取れることは確認したのであった

IMGP6534

<新旧のローディングコイルを2連でテスト>

まずは、1.9MHzでトロイダルコア・コイルのローディング・コイルを試してみたい