新スプリアス規格対応の動き

JARD 日本アマチュア無線振興協会から、新たな動きが公表された
「JARDからのお知らせ」として2月5日に上協会のHPに文書が掲載されている
まずは、各自内容を確認して欲しい

概要のポイントは以下の2点と思われる
1. 旧スプリアス規格の機械について実態調査を開始する件
2. 総務省において、アマチュア局独自の保証認定を活用した、より簡便な方法の追加が検討中であること

上記の実態調査に協力をした場合、送付したリグの測定結果が返送される
この測定結果が基準を満たしていれば、強度確認届出書として使用出来る
その費用は、なんと無料である (当然実態調査中だけと思われる)

2/13現在、調査機器を募集中であるが、調査申し込みを締めきっている機種もあるので、早めに..(まずはハンデイ機とモービル機とのこと)
ちなみに我が家のTM-455Sを調査提供使用と思ったが、もう募集終了であった(メジャーの機種は募集終了の可能性が高い)
内容はホームページを確認をお願いしたい

IMGP6456

<調査機器として締め切られていた TM-455S 残念…>

 

実態調査でサンプル数が揃えば保証認定作業もかなり効率化されると思う、また’製造業者等が測定したデータの活用’に該当するのではと勝手な期待をしている、但しJARL認定機初期のビンテージリグには無縁かも知れないのであるが….

アマチュア局独自の保証認定を活用した簡便な方法がとても気になる
規格の解釈と保証認定については、かなり現実的な路線になりそうな予感がする
この後も、きちんとウォッチをして行きたいと思う

やっと具体的な動きが感じられた感じがする

 

投稿者:

miniDATA

その昔PCのBIOS・デバイスドライバ等の開発と機器のファームウェア開発に従事した元技術者(主にアセンブラ)  なぜか、昔のモノが大好きで昭和時代のクルマやバイクに惹かれてしまい懐古趣味全開になりつつある自分が、怖いと感じている 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です