ステップアッテネータ

高周波信号で色々と遊んでいると必ずと言ってよい程、必要になって来るのがアッテネータだと思う
回路上では抵抗器の組み合わせで3dBアッテネータとか6dBアッテネータなどは、インピーダンス整合に何気に使ってしまうのであるが、
ステップアッテネータは0dBm等の基準信号に対して正確に電力を減衰させるために使用する
Sメータの較正等には便利である

例えば40dBμV(EMF)の信号は30MHz以下では,S9のレベルであるが、この信号に6×8=48dBのアッテネータを入れた信号がS1の基準値となる

ステップアッテネータがあれば、基準信号に対して減衰量が制御が出来るので、用途は幅広い

IMGP6191

<1dB~112dBまでのステップアッテネータ 0.1W>

IMGP6192

<ケースの中>

便利なステップアッテネータであるが、気を付けるポイントが3点ある

・定格電力量を絶対に超えないこと <中の抵抗が焼き切れる>

・-60dB位になるとケーブル等々からの漏れ電波があるので、高減衰の場合はその確度に気を付けること

・周波数帯域を超えると減衰量が変化するので、規定の帯域無いで使用する

またQRPの運用にも応用出来る、以前にハンディ機にパワーアッテネータと、このステップアッテネータを使用して、0.1mWで交信した事もあった <余分なパワーを熱として放出するので決してエコではないが…>

是非、実験室に一個は揃えたい便利グッズである

 

投稿者:

miniDATA

その昔PCのBIOS・デバイスドライバ等の開発と機器のファームウェア開発に従事した元技術者(主にアセンブラ)  なぜか、昔のモノが大好きで昭和時代のクルマやバイクに惹かれてしまい懐古趣味全開になりつつある自分が、怖いと感じている 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です