TRIO TS-700GⅡ いわゆるジャンク品

これまたズバリ1970年代の機械である

発売時期は1975年位であろうか、FT-101Eとほぼ同じ発売時期と思う
この機械は、友人がわざわざ仙台から発送してくれたのであった

発送の経緯は以下の通りである
そういえば使っていないTS-700あるけど、お前は古い機械が大好きだよな
電源コネクタ改造してあるけど、送るから遊ぶといいよ!

と言うことで、粗大○○がまた増えてしまったのである
(送って貰っておいて、我ながら失礼な言い方だと反省してます)

IMGP5763

<外観は年代相応って感じ>
さて、送って貰った TS-700 GⅡであるが外観は年代相応である
フロントパネルはツマミの止めネジのサビ以外は、特に問題なさげである
VFOの回転はスムースで違和感は無いし、各ツマミ類の操作も大丈夫そうである
リアパネルは、純正の100V/12Vのコネクタから100V専用のメガネコネクタに換装されている
カバーの内側は、比較的綺麗である
水晶発振子が32と48が2個搭載されていたのであるが、同じ48の水晶2個は何に使っていたのであろうか?

IMGP5764

<電源コネクタが換装されている>

送り主からは電源は入るよ!  とのことだったので、電源を入れて状態確認をしてみた

現在の時点でざっくりと確認した不具合は以下の通りである
・VFOの周波数ズレ
・VFOの位置によってVFOの発振停止
・FMが受信出来ない (Sメータは振るが、ザー音以外聞こえない)
・RITのインジケータが点かない
・送信出力が5W程度しか出ない

IMGP5765

<上面内部は比較的綺麗である>

IMGP5766

<下面内部も比較的綺麗である>

TS-700シリーズは、1970年代の垂涎マシンであった
当時は145MHzの利用者が急増していた時期で私みたいなプアマンは、中古の12CH機でFMの空きチャンネル探しで大変だったのである
TS-700はVFOでのバンド内全カバー and オールモード機でだったのでとても羨ましい限りであった
当時、アクティブに145MHz帯に出ていた方々は結構な割合で、TS-700を使っている人が多かったのである
TS-700シリーズはG,GⅡ,最終的に周波数デジタル表示のSにマイナーチェンジされた

まさか、あれから40年も経ってからTS-700GⅡがやって来るなんて夢にも思わなかった
まずは、TS-700を勉強しないといけないのである

送って頂いた林先輩、ありがとうございます 楽しく遊ばせて頂きます のである

 

投稿者:

miniDATA

その昔PCのBIOS・デバイスドライバ等の開発と機器のファームウェア開発に従事した元技術者(主にアセンブラ)  なぜか、昔のモノが大好きで昭和時代のクルマやバイクに惹かれてしまい懐古趣味全開になりつつある自分が、怖いと感じている 

2 thoughts on “TRIO TS-700GⅡ いわゆるジャンク品”

  1. TS-700GⅡ、電源コードをなくしてしまいました。
    なんとか手に入れたいと頑張っております…
    よろしくお願いいたします。

    1. TS-700の電源ケーブルは入手困難です
      4PINの無線機に接続するコネクタは、オークションで偶に出品されている様です
      このコネクタを入手して電源ケーブルを作成するのが一番早いかと思います

      お互い頑張りましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です