FM補完放送 昔のミニコンポ復活

昨年から、東京エリアでもFM補完放送(ワイドFM)で開始されている
東京エリアでは3局で周波数はTBSラジオが90.5MHz、文化放送が91.6MHz、ニッポン放送が93.0MHzとなっている
放送内容はAM放送と同じである

ラジオの受信についてはRadikoでのインタネット放送にてノイズレスで聴くことが出来るので、FMサイマル放送は今更感はある気がする
とは言え、どんな感じは受信してみないと解らない

周波数帯域は90MHzから108MHzの旧アナログTVの1CH~3CHである
アナログTV廃止時にこの周波数帯の再利用が色々と議論された結果らしいのであるが、AM放送のFM補完中継局に割当がされている周波数は90MHz~95MHzである

その昔は、TV音声1CH~3CH受信出来るFM受信機が販売されていたのであった
その後はアナログTV廃止のアナアンスが有ったころから、FMラジオの受信周波数は76MHz~90MHzのものが販売されていた
今回再度の90MHz~108MHz帯でのアナログ音声放送である

当然、どこかに転がっている昔のFMラジオを探すのが普通であろう
我が家にも転がっていたのであった 今は無きAIWA製のミニステレオである

IMGP6378

<AIWA CX-LT11 >

とりあえず、FMアンテナ端子に数メートルの線を取付けて受信してみた
流石はスカイツリーからの電波である、簡易アンテナでも十分な感度である

当然STREO放送である

IMGP6379

<90.5MHz TBSのワイドFMである>

我が家の場合、中波放送のTBSと文化放送が感度が低いので、FM補完放送での両局の受信は非常にクリアに受信出来るので素晴らしい

暫くはBGMに、このミニステレレオを使用したい

総務省と各放送局へのお願いは、地震など災害に備え中波放送は継続してほしいのである

投稿者:

miniDATA

その昔PCのBIOS・デバイスドライバ等の開発と機器のファームウェア開発に従事した元技術者(主にアセンブラ)  なぜか、昔のモノが大好きで昭和時代のクルマやバイクに惹かれてしまい懐古趣味全開になりつつある自分が、怖いと感じている 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です