標準信号発生器 Anritsu MG3602A

標準信号発生器である

オークションで入手して以来、色々と試していたのであるが、今回の購入は成功との報告である

まずは、Anritsu MG3602A 定格の概要
周波数レンジ 0.1MHz~2080MHz
周波数分解能 10Hz  (1040MHz以上20Hz)
出力レンジ -133dBm ~13dBm  (1040MHz以上 -133dBm~7dBm)
出力レベル精度 ±1dB(1040MHz以上 ±1.5dB) *-10dBm以上の時

IMGP6285

<Anritsu MG3602A 全面>

IMGP6286

<Anritsu MG3602A 後面>

以下は実際に使用した感想である
周波数の設定 10キーかダイアルで設定が出来る、この辺りの操作感は問題無し
出力レベル設定 10キーかダイアルで設定が出来る、dBm⇔dBμ⇔μVの変換も操作性は良い

変調設定 変調モードはキーで選択、AM変調率とFMデビエーションは左右キーにて設定するが、解りやすく操作出来る

出力レベル電圧表示時のEMFとPDの切替えについては、マニュアルで確認して特に問題なく切換えることが出来た (慣れると簡単だが、これはマニュアル見ないと解らない)、特にアッテネータ関係の点は心配していたが、一通り動作させてみたが問題点は無く、-133dBm付近でも漏れ等は観測出来なかった

実際に出力をスペアナで確認してみた
スペアナ自体も入力電力の測定誤差が±1dBなので±2dBは誤差として考える必要があるが、スペアナでのレベル確認は問題無しであった
(古いスペアナなのでMAX 1.8GHz)

出力周波数についても問題無しである
通電4時間後1GHzで-700Hz程度である、周波数カウンタ自体の基準信号誤差を考えると問題はない

AM変調波形は、オシロスコープで確認したがとても綺麗である
キャリア出力で-50dB程度の高調波が確認出来たが、これも問題無いレベルである

更に、この標準信号発生器は出力端子に過大に入力を検知すると、プロテクトション機能が働くのである
前日、TS-700を弄っている時にCENTERスイッチとSENDスイッチを誤ってしまった際にも、
プロテクトション機能が動作し事無きを得た
有り難い機能である

この手の、測定器についてはオークションで入手するのに少し勇気が必要であるが
今回はとても良いモノを入手出来たのであった

大切に使って行きたいと思う

投稿者:

miniDATA

その昔PCのBIOS・デバイスドライバ等の開発と機器のファームウェア開発に従事した元技術者(主にアセンブラ)  なぜか、昔のモノが大好きで昭和時代のクルマやバイクに惹かれてしまい懐古趣味全開になりつつある自分が、怖いと感じている 

2 thoughts on “標準信号発生器 Anritsu MG3602A”

  1. はぁ? 成功? 失敗じゃないの?

    >実際に出力をスペアナで確認してみた
    スペアナ自体も入力電力の測定誤差が±1dBなので±2dBは誤差として考える必要があるが、スペアナでのレベル確認は問題無しであった
    (古いスペアナなのでMAX 1.8GHz)

    MG3602A はゴミSG、 SGじゃなくてNGだな。
    それにお宅さんのお持ちのスペアナも簡易スペアナですか?
    スパンを1k バンドワイズを30Hzくらいにしてシングルトーンを
    見てください。
    このひどいSG「NG」の出力が解ると思うよ、選ぶ機種を間違ったね。
    まぁ測定器に詳しいOMがいたら聞けば解るよ。

    1. コメントありがとうございます

      いろいろご教示ありがとうこざいます
      私の勉強が至らなくて恐縮です
      貴重なご見識は参考にさせて頂きます

      今後もよろしくお願いいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です