時代の変化

 

その昔、何らかの処理をコンピュータで動かすには、大変な作業が必要であった

CPUからのアドレスバスにデコーダを繋ぎ、指定したアドレスにラッチ回路を入れ

それらのハードウェアをデバッグしつつ、ソフトウェアを書いて行くって感じで、CPUを含んだ基板を設計するだけでも、手間がかかったのである

現在であれば、PICに代表されるマイクロコントローラがあれば、簡単に実現出来る

それもクロック精度が重要でなければ、クロックは発振器が内蔵され、プログラムを流して電源を投入するだけで動作してしまう

テクノロジーの恩恵は享受しなければ損である、仕事であれ趣味であれ、やりたい事が低コストで実現出来るのであれば、色々とチャレンジしてみたい

p1

(この写真は8pin 12F675 古めのチップであるが 1024Wordのプログラムエリアで64Byteのメモリ、4CHのA/D変換器と2つのタイマーを持つ)

投稿者:

miniDATA

その昔PCのBIOS・デバイスドライバ等の開発と機器のファームウェア開発に従事した元技術者(主にアセンブラ)  なぜか、昔のモノが大好きで昭和時代のクルマやバイクに惹かれてしまい懐古趣味全開になりつつある自分が、怖いと感じている 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です