HP3336B Level Generator をお借りしてきた

先日は大先輩の矢花氏のお宅にお邪魔して来た

SSGの購入で色々と相談させて頂いたのであるが、まずはこれを使ってから、考えましょう と言うことで、HPの3336B Level Generatorをお借りしてきたのであった

IMGP6052

<HP 3336B Level Generator  である >

お借りする時に他のスペアナで電力レベルの確認をして来たので、電力レベルの基準としてまずは活用させて頂く

お借りして最初に確認したのは、我が家のスペアナの振幅レベルの絶対値確認である
我が家のスペアナはこの春に、レベルの確認を大先輩の矢花氏の測定器で行ったのであるが、まずその精度を確認である
10MHzで0dBmの信号をまずは確認してみたのである

IMGP6053

<HP3336Bの0dBm出力を測定>

0dBmの測定電力は0.3dBm、-40dBmの測定電力は-.39.4dBm、-70 dBmの測定電力は-.69.1dBmと良好である

IMGP6054

<HP3336Bの-40dBm出力を測定>

我が家で使っているスペアナの振幅解像度は1dbなのでますまずは十分な精度であろう

この3336B Level Generatorは出力周波数は約20MHzである
従って20MHz以上の基準とはならないが、元々スイーパ発振器(発振周波数を連続して変化させる)なので、フィルタ評価などには便利に使うそうである
TG(TrackingGenerator )が付いていない我が家のスペアナでは重要な機能である

お言葉に甘えて暫くは活用させて頂くつもりである

IMGP6056

<そうは言っても計測機器である、奥行が….>

 

投稿者:

miniDATA

その昔PCのBIOS・デバイスドライバ等の開発と機器のファームウェア開発に従事した元技術者(主にアセンブラ)  なぜか、昔のモノが大好きで昭和時代のクルマやバイクに惹かれてしまい懐古趣味全開になりつつある自分が、怖いと感じている 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です