FM受信用ダイポールアンテナを作ってみた

その昔は、300Ωのフィーダ線の簡易アンテナが付属品として添付されていた
300Ωの平行線フィーダは何処でも入手出来たが、今はなかなか見なくなった
又再稼働させたミニステレオのFMのアンテナ入力は75Ωである

受信用のダイポールなので大げさな事は無いのだが、給電ケーブルは3C2Vが転がっていたのでそれを使うことにした
後は、そこら辺に転がっているリード線でエレメントを作るだけである

中心周波数をFM補完放送を考慮して85MHzとする
1/2λは約1.76mで短縮係数を0.9とすると1.6m位となり、約80cmのビニール線が2本となる
調整分として85cmのビニール線を2本切り出して、給電点でグリッドデッイプメータでデッイプ点を測り同調点を調整してみた

室内アンテナの受信用なので、単なるリード線と大差無いと思うのであるが、気持ち分具合が良さそうではある

給電点にピンプラグを取付けて共振周波数を測ってみると70MHz位であった 数度、1cm単位でエレメントを切って80MHz付近を同調点としてみた

IMGP6381

IMGP6382

<デップメータで同調点を確認する>

IMGP6383

<給電線は3C2V コネクタは本来はFコネクタであるが、今回は手持ちのRCAピンコネクタ>

今度時間が出来た所でアンテナの張る場所を探してみたい

 

 

 

投稿者:

miniDATA

その昔PCのBIOS・デバイスドライバ等の開発と機器のファームウェア開発に従事した元技術者(主にアセンブラ)  なぜか、昔のモノが大好きで昭和時代のクルマやバイクに惹かれてしまい懐古趣味全開になりつつある自分が、怖いと感じている 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です