5球スーパーラジオでSSBを受信してみる

件の5球スーパーで無理矢理SSB受信にチャレンジしたみた

SSB受信前の対策として、局部発振の信号にハム音が乗っていたのでその対策を行った
これは通常のAM放送受信では全く気付かないレベルであるが、中間波にビートを掛けると見事に音が濁るのであった

電源の平滑回路のブロック電解コンデンサーの容量減少の対策として、平滑回路の1.5KΩ抵抗以降に電解コンデンサを追加してみた
対策後は、局部発振信号のリップル分は大幅に減少することが出来た

局発のリップル対策

<局発のリップル対策でコンデンサを追加した箇所>

今回は、アンテナ端子からBFOとして458KHz453.5KHzをSSGから注入した
SSGをBFO代わりに使うと、信号レベルや発振周波数を詳細に調整出来るので、非常に具合が良い
大変贅沢なスペシャルBFOである

今回は周波数カウンタも取付けてあるので、受信周波数は直読となる
7MHzで受信出来る局を探し同調を取る
BFOの注入レベルとピッチ(周波数)を聞き取れる点に調整する
これで、とりあえずはSSBの復調には成功したのであった

但し、以下の点で通信用受信機としては実用性に難がある
①選択度
②局部発振の発振周波数安定度
③選局の困難
④イメージ受信

このラジオでどのように遊ぶか、また色々と妄想をしてみたい

 

投稿者:

miniDATA

その昔PCのBIOS・デバイスドライバ等の開発と機器のファームウェア開発に従事した元技術者(主にアセンブラ)  なぜか、昔のモノが大好きで昭和時代のクルマやバイクに惹かれてしまい懐古趣味全開になりつつある自分が、怖いと感じている 

2 thoughts on “5球スーパーラジオでSSBを受信してみる”

  1. こんにちは。
    BFO=458KHz について:
    一般的なIF=455KHzのシングルスーパー(5球スーパーラジオ)の局部発振周波数は、受信周波数よりもIF分高くなっています。
    受信周波数=局発周波数―IFで、逆ヘテロダインとなりサイドバンドが反転し、LSBがUSBとなりますので、USBのキャリア周波数(BFO=453.5KHz)を注入しないと、うまくSSBが復調できないはずですが・・・。
    IF=460KHzであればBFO=458KHzでよいと思います。

  2. ベアフット 様 コメントありがとうございます

    ご指摘の通りと思います
    この5球スーパは455kHzの+差分で局発が発振していることを確認しています
    信号を受信してから、音声が復調出来るようにBFO(SSG)の発振周波数を調整したのですが、453.5kHz前後だと思います
    ご指摘ありがとうございます

    今後ともよろしくお願いいたします
    mimiDATA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です