パソコンのダウン

ブログの更新をしている最中に、パソコンからガラガラ……と音がしたのである

冷却ファンか、DVDドライブに配線でも噛んだのであろうか?

しかし、今使用しているパソコンはメーカ製であり、私ごときの自作品とは品質が桁違いに違うと思われる

その後、約1秒間隔で、カツッ.カツッ.カツッ.の連続音となって来た

もしや,ハードディスクの寿命?? と一瞬体を悪寒が走る

状態を確認するためにまずは電源断である。電源断の操作をしたところ今日に限って、Windowsの更新が23個も有って、更新のためシャットダウンが時間がかかっている

暫くしてやっと電源が切れたのであった

電源を再投入すると、やっぱりBIOSエラーで立ち上がらないのである

 

カバーを開けてパソコンの中身を目視確認する、DVDドライブ、HDDドライブの取り付けについては特に異常は見当たらない

IMGP5650

特に吸気FAN周りを念入りに確認をしてみる

IMGP5649

センサーが吸気FANの前に落ちているのを発見したのである、CPUの冷却フィンもかなり熱を持っているので、冷却FANにセンサが引っかかり、FANが停止したのであろう

FANユニットを外し、本来の位置にセンサーをセットする

IMGP5655

その後、全体を清掃して組み付けて終了

IMGP5656

とりあえず、正常状態に復帰したのであった

些細なことであったが、今やコモディティのパソコンである、しっかりと動いてもらわないと困るのである。

 

 

 

投稿者:

miniDATA

その昔PCのBIOS・デバイスドライバ等の開発と機器のファームウェア開発に従事した元技術者(主にアセンブラ)  なぜか、昔のモノが大好きで昭和時代のクルマやバイクに惹かれてしまい懐古趣味全開になりつつある自分が、怖いと感じている 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です